東京メディカル・スポーツ専門学校

menu
close

お知らせお知らせ

2021年度 4月からの授業実施について

2021年03月26日

保護者の方へ重要なお知らせ在校生の皆さんへ

2020年度を中心とした新型コロナウイルスの感染拡大は、新年度を迎える現在においても、ワクチン接種が進められてはいますが、終息を迎える目途が立っているとはいえず、当面はwithコロナを覚悟せざるを得ない状況です。

そのような状況下でも、本校ではこれまでの様々な取り組みのもと、感染拡大防止対策を十分字実施し、学生のみなさんが安心して学びを進められるよう支援いたしますので、状況によって様々な制約を設けることもあり得ますが、ご理解、ご協力をお願いします。

以下に2021年度の授業の基本的な方針についてご案内します。今後の感染状況や国、東京都、滋慶学園グループによる指示等によって変更せざるを得ない場合もありますが、その場合は学校HPあるいはLMS(Teams他)を通じて速やかに連絡します。

 

■基本的な授業運営に対する方針

本校での授業は、基本的には「登校(対面)」を中心とし、必要に応じて遠隔(オンライン)授業を実施します。これは文部科学省からの通知(令和3年3月4日付.「令和3年度の専門学校等における授業の実施と新型コロナウイルス感染症への 対策等に係る留意事項について(周知)」)を根拠としています。

遠隔授業の実施は、以下の2つの理由の場合とします。

・授業や科目の特性により、登校(対面)授業と同様の学習効果が望める場合

・学生および教職員・講師の感染に対するリスク回避の必要がある場合

学生のみなさんの状況により、学内で受講できる環境も提供する予定ですが、自宅等でも遠隔授業の受講環境の整備をお願いします。

 

PC等のデバイスを活用した授業展開

登校(対面)授業であっても原則としてPC等のデバイスでTeamsを活用した授業を展開します。目的は、様々な授業データ・学習ログを保存し、振り返りや試験に対する利便性向上とともに、蓄積されたデータの分析による学生への学習支援の個別最適化を進めるためです。

 

■通信環境およびデバイス利用環境の整備

上記のような授業展開のため、既に学内でのWi-Fi環境は整備されていますが、通信機器の強化や教室内の電源増設等で安定した接続やデバイスの利用が可能な環境整備を実施します。

 

■施設の利用について

図書室や校舎前自習室、放課後の通常教室等の施設利用は、感染防止対策を徹底しながら可能な限り可能としますが、感染状況により、制限せざるを得ない場合もご理解下さい。

また、Wスクール生で登校(対面)授業の後、遠隔授業を受講する場合等、必要に応じて通常教室などで受講が可能な環境を準備します。

 

■学内における感染予防対策

既に徹底している「新しい学生生活様式」に則った、マスク常時着用、検温、手洗い・手指消毒、定期的な換気などを継続して徹底しますが、構造上窓開けの困難であった棟は換気設備の整備を実施しています。さらに、ソーシャルディスタンスや飲食時の感染リスクを常に意識し、大声での会話をしない等、日常生活での感染予防も徹底して下さい。

 

■個別的配慮

学生本人の基礎疾患や、家族の状況など、やむを得ない理由により登校に対する配慮を必要とする学生については、個々に担任を通じて相談して下さい。遠隔授業の許可をはじめ、適切な解決方法を一緒に検討していきます。

 

以上