東京メディカル・スポーツ専門学校

menu
close

TMSブログTMSブログ

JSPO-ATとは

2020年12月18日

アスレティックトレーナー

こんにちは 妻木です

 

12月初旬に日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)

連絡会議がありました

 

Zoomでの会議でしたが、各都道府県と各競技団体の

JSPO-ATが一堂に会する唯一の機会でした

 

その中に、これからのJSPO-ATのあり方(コンピテンシー)を

決定したとの報告がありました

医療従事者の資格ではないとの認識(笑)でした

 

JSPO-ATは

「パフォーマンスの回復や向上を支援する指導者」で、

指導対象は、「日本代表やプロスポーツ選手といった競技者」 だけでなく

「スポーツ活動をするすべての人々」 です

 

JSPO-ATに求められる思考・態度は

・役割を遂行するために、常に学び続けることができる者

・科学的根拠に基づいたスポーツ環境の構築に寄与できる者

・多様な人材と有機的に連携できる者

とされています

 

そして役割は、以下の4つです

①スポーツ活動中の外傷・障害予防

②医療資格者へ引き継ぐまでの救急対応

③コンディショニングやリコンディショニング

④アスリートの安全と健康管理

当然カリキュラム編成やテキストの変更を検討しています

 

他にもコロナ環境下での活動報告や国体、小・中・高への

介入に関するマスタープランの話もありました

 

 

痛感したのは、

スポーツ医学は、常に更新している

毎日コツコツ勉強していかなければ

取り残されるなあ ということでした

 

2月には、国家試験の方も多いと思いますが、

京都知恩院の禅語が心に響きます

 

「それみたか 常が大事じゃ 大晦日」

それでは、良いお年をお迎えください

%e2%91%a0