東京メディカル・スポーツ専門学校

menu
close

TMSブログTMSブログ

微調整

2019年04月10日

TOPICS

こんにちは 妻木です

治療についてのよく聞かれる質問ですが、

「一般の患者さんとアスリートでは、鍼の治療で、

どこが違うのでしょうか?」

私の答は、

「やり方に違いは、ありません。

ただ、スポーツ特有のケガや故障があるので、

スポーツ医学の知識と整形外科的な対処法を知っておくのがよい」

程度のことをお話していました。

実際には、やり方は全く同じなのですが、

スポーツ選手は、 “身体の変化” に敏感です

なので、“より 繊細に、正確に、効果を確認して”

鍼治療を行っています

外国人のレフェリーが私の治療を受けた時

「Fine Tuning !」 (微調整) と言っていました

 

“微調整” といえば、4月4日号の新潮に

日産のスポーツカーGT-Rの記事がありました

 

01

 

横浜の工場の一画のクリーンルームで、

GT-Rのエンジンが組み立てられているのですが、

その作業は、「匠」 と呼ばれる職人によって、

全て 「手組み」で行われている。

なぜなら、

「エンジンを構成する数百の部品それぞれには、

同じ部品でも一つ一つに微小なばらつきがあります。

なので、マニュアル通りに組み合わせても、

微妙な隙間が生まれてしまう。

そこを我々の感覚で “微調整” していきます」

 

02

 

「エンジン内に僅かなすき間があると、

市街地を走っているときは問題なくても、

レース場などでアクセルを踏み込んだ時の

レスポンスが驚くほど違うんです」 匠の一人のコメント

 

なので、手作業での微調整は必要なのです

そして、約3000人の横浜工場の従業員のなかで

僅か5名の匠!

匠に選ばれるためには、

スポーツ選手が持つような独特の 「感性」 が求められるという

そして、完成したGT-Rのエンジンには、

担当した者の名前が書かれたプレートが付けられる!

職人の話でした

それでは、また

 

03