BLOG

ブログ

鍼灸師科 海外研修最終日

2012.12.05

  • 鍼灸師科

ケーブルカーの街サンフランシスコで引率をしていました大石です。

長く感じていた研修も最終日。帰国の日です。

前回のブログでも書きましたが、集合・出発の時間は朝の6時です。

クリスマスツリーの前で。眠気で写真もぼんやりです。

研修期間の移動は、すべてこのバスにお世話になりました。空港までお願いします。

搭乗手続きです。この後、出国と同様に厳しいセキュリティチェックが待っています。

寝ずに夜を明かした学生もいたようで、空港ではあくび大会の始まりです。

出口48!!・・・朝から妙なテンションになります。

ロサンゼルスでトランジットです。少しだけ眠ったからか元気です。

成田です。荷物を待ちます。日本語表記に安心感が満ちてきます。

この研修が初めての海外となる学生もいました。

行きは約14時間、帰りは約18時間もかかります。

便利な機器が増えても、遠くの国へ行くにはそれなりに時間も労力も必要です。

今回の飛行機は、行きも帰りもすごく揺れ、乗物酔いに苦しんだ学生もたくさんいます。

それでも、そうしてでも行く価値のある研修内容であったことは確かです。

また、異国の地で思う日本は国内で感じるそれとは大きく異なったはずです。

出発時の高揚感と、研修中の冒険心と郷愁感、帰国時の安堵感。

帰る家があって、ともに過ごす仲間がいる幸運をいつまでも忘れないでいて欲しいと思います。

海外研修に参加しなかった学生は、国内研修を行っています。

それぞれが異なるプログラムを経験しましたので、情報交換をしあうと面白い発見があるかもしれません。

参加された学生のみなさん、本当にお疲れ様でした。

みなさんと研修ができて、本当に楽しく勉強ができました。

知らなかった一面も見せてもらって新たに気づかされたこともあります。

大きな怪我・病気、事故などなく過ごしてくれてありがとう。

できるだけしっかり体を休めて元気に登校してきてくださいね。

海外研修2012チーム。解散です。

これは、修了式の時に修了証と一緒に頂いた飴です。“笑顔”は世界共通言語です。

TMSの新型コロナウイルス感染症予防の取り組み

新型コロナウィルス感染症の対応については下記よりご確認をお願いします。

この他、在校生の方に関するご案内は「teams」を随時ご確認ください。