NEWS

お知らせ

緊急事態宣言解除による授業の運営について

2021.06.18

  • 保護者の方へ
  • 重要なお知らせ
  • 在校生の皆さんへ

在校生・保護者の皆様

 

4月25日に発令された緊急事態宣言は、2回の延長を経て、6月20日をもって解除されることが決定しました。しかし、東京ではそのまま「まん延防止等重点措置」への切り替えとなっており、東京オリンピック・パラリンピックの開催や観客数の制限等もまだ決まらず、変異株の拡大とともに感染リスクは依然として高いままであると言わざるを得ません。デルタ株(インド株)では、従来の味覚や嗅覚の喪失等よりも、頭痛や鼻水など、季節性の風邪の症状が多いとの報告もあるようです。

 

そのような現状から、以降の授業への対応に関しては、前回の決定のお知らせを踏襲し、引き続きオンラインと対面授業を組み合わせて実施することといたしましたのでご案内します。今後についても、短期間での授業形態の変更は学生の皆さんにとっても混乱の原因となりうるので、前期中はこの形態を続けることを基本としていく予定です。

 

ただし、今後も、開講にあたっては文部科学省ならびに関係省庁からの情報提供、法令、通知等の最新の情報を基に滋慶学園グループ緊急対策本部での決定を踏まえての変更の可能性もあります。状況は日々変化しており、上記関係省庁からの通達等で変化があった場合にはあらためて通知いたします。

 

< 記 >

 

2021年6月21日以降の授業については、各学科・学年の状況に応じてオンライン授業と対面授業を組み合わせて実施する。それぞれの予定に関しては、Teamsへの掲載を中心に各学科より連絡する。

 

※学内では引き続き感染予防対策を徹底しておりますが、学外や家庭においても以下のことを守って充分注意して生活して下さい。

・夜8時以降の不要不急の外出は自粛する(夜間部は授業を優先する)

・会食は自粛し、食事時の感染リスクに十分注意する

(昼食・飲酒・大人数・長時間・マスクなしの会話)

・3密の状態を避け、今の時期は特に換気に注意する

(学校での自習は可能ですので、同級生の家に複数人で集まっての自習などは自粛)

・感染予防(手洗い、うがい、マスク)を実施し、学校への検温報告も含め体調管理に注意する

・頭痛・鼻水含め少しでも体調に違和感があれば、学校に連絡し、オンラインでの受講を優先する

以上

 

現在12歳以上へのワクチン接種が可能となっています。今後、自治体からの「接種券」が順次発送される予定になっていますので、接種を希望する方は予約等の準備をしておいてください。

TMSの新型コロナウイルス感染症予防の取り組み

新型コロナウィルス感染症の対応については下記よりご確認をお願いします。

この他、在校生の方に関するご案内は「teams」を随時ご確認ください。