NEWS

お知らせ

平成29年10月27日(金)より日本学生支援機構の奨学金の返還が開始されている方へ

2017.12.12

  • 卒業生の方へ

平成29年10月27日(金)より奨学金返還が始まっている方は、今月12月27日(水)が3回目の奨学金返還の引落日です。
延滞が3か月以上になると、個人信用情報機関に個人情報が登録(ブラックリスト登録)されます。個人情報が登録(ブラックリスト登録)されると、クレジットカードが使えなくなる、住宅ローン等が組めなくなるなど、ご自身の今後の人生に多大な不利益を被ります。また、返還が終了してから5年経過するまで登録された情報は消えません。
改めて在学中に登録した奨学金返還の引落口座(リレー口座)から、きちんと引落としがされているか通帳記帳をするなどしてご確認ください。

※返還が厳しい場合や返還に関する疑問や相談については、日本学生支援機構の「奨学金返還相談センター」にお問い合わせください。

 


<困ったときの相談先>
●日本学生支援機構 奨学金返還相談センター
TEL: 0570-666-301、03-6743-6100
月曜~金曜(祝日・年末年始除く)8時30分~20時00分
日本学生支援機構HP http://www.jasso.go.jp/


※その他何かご不明なことなどあれば、お気軽にTMS奨学金担当にもご連絡ください。
東京メディカル・スポーツ専門学校 学生サービスセンター 阿部・藤田・加藤
TEL:03-5605-2930

 

****************************************
参考として、日本学生支援機構HPより【個人信用情報機関への個人情報・個人信用情報の登録】についての記事を抜粋して掲載いたします。

 

■個人信用情報機関に個人情報を登録する条件
個人信用情報の取り扱いに関する同意書を提出していただいている方のうち、現在奨学金を返還されている方は、延滞3か月以上の場合に個人信用情報機関に個人情報が登録されます。 新たに返還を開始する方は、返還開始後6か月経過時点で延滞3か月以上の場合に登録されます。登録の判定は返還開始から6か月が経過してから、毎月行われます。
具体的には、平成23年度に採用され大学で4年間貸与を受けた場合、平成27年10月返還開始となり、そこから6か月後以降の時点(平成28年4月以降)で、延滞3か月以上の場合に登録されます。

 

■個人信用情報機関に登録される個人情報と個人信用情報
本人の個人情報として氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先等、契約の情報として、貸与額、最終返還期日等が登録されます。
その他に延滞、代位弁済、完済等の返還状況も登録されます。

 

■個人信用情報機関に登録されると
個人信用情報機関に延滞者として登録されると、その情報を参照した金融機関等がその人を「経済的信用が低い」と判断することがあります。それによって、クレジットカードが発行されなかったり、利用が止められたりすることがあります。そのため、各種料金(公共料金や携帯電話等)の引落し、ショッピング(インターネット含む)やキャッシング等ができなくなる場合があります。
また、自動車ローン及び住宅ローン等の各種ローンが組めなくなる場合があります。 一度登録された情報は、延滞中はもちろんのこと、延滞を解消しても一般のクレジットカードと同様に約束どおり返済している人の情報として登録され続け、返還完了の5年後に削除されます。

****************************************

TMSの新型コロナウイルス感染症予防の取り組み

新型コロナウィルス感染症の対応については下記よりご確認をお願いします。

この他、在校生の方に関するご案内は「teams」を随時ご確認ください。