NEWS

お知らせ

舞台役者やダンサーへのトレーナー活動について

2016.10.11

  • 受験生の方へ

9月24日(土)に東京メディカル・スポーツ専門学校として初めて、舞台役者・ダンサーへのトレーナー活動を浅草にある”ゆめまち劇場”で行いました。近年のダンス人口は増加傾向にあり、現在ではなんと1,000万人規模とも言われております。競技人口としては、日本でもメジャーである野球やサッカーが約750万人に対して、ダンスの競技人口が圧倒的に多い事がわかります。その中で今回の活動は、専門学校としては先駆けであり、プロの舞台役者・ダンサーの方々を相手に学生がメディカルサポート(ストレッチ、テーピング)を行う事で今後の幅を広げる貴重な経験となりました。
講師には、アトランタ五輪銅メダリストやダンサーなど運動療法を用いたアプローチで数々のアスリートの施術を行ってきたスマイルアンドサンキュー株式会社の人財開発部・森松先生に協力を仰ぎ今回の運びとなりました。
9月~12月までの4ヶ月間で行われる今回の活動では、参加学生のステップアップを目標に月に1度の森松先生による特別勉強会とゆめまち劇場の活動の反復で成果・成長を感じてもらうプログラムとなっております。
舞台の内容は、セリフを一切使わずにダンスと音楽のみで構成されたノンバーバルエンターテイメントであり、子供から大人、さらには、国境も関係なく楽しめ、世界的な舞台エンターテイメントというコンセプトに沿った演目になっているのが特徴です。来場者も多く舞台を見た方は圧巻の一言に尽きダンスでストーリーを表現し、観る人を釘付けにするコンセプト通りの舞台でした。パフォーマーの方々との対話とサポートを通してこの中で活動できる喜びと感謝を元に12月までの活動を行っていきます。

 

161118_img01

活動風景

 

161118_img02

勉強風景

TMSの新型コロナウイルス感染症予防の取り組み

新型コロナウィルス感染症の対応については下記よりご確認をお願いします。

この他、在校生の方に関するご案内は「teams」を随時ご確認ください。