東京メディカル・スポーツ専門学校

menu
close

TMSブログTMSブログ

ハッピープリンス

2019年03月16日

TOPICS

こんにちは 妻木です

「幸福の王子」 を知っていますか?

一度は、小さいころに読んだことがあると思います

宝石と金箔で飾られた銅像 【幸福の王子】とつばめ の物語です

つばめの助けを借りて、宝石の眼や金箔の皮膚を

貧乏な人たちに与えて、

最後は、打ち捨てられる王子の銅像とつばめのお話です

 

私も、子供のころ読みました

あらためて、何十年ぶりに読み返して、

 

tsumaki1

 

新たな気づきがありました

たとえば、王子様が生きているときの回想で、

「もし、楽しいということが、幸せなら、

私は文字通り幸せだった、、、、、」

どうでしょう これは!

 

また、死を覚悟したつばめが、目の見えなくなった王子様に

自分の見てきたすてきな世界の話をしたあと

王子さまは、

「かわいいつばめ君、

君は、すばらしい話をしてくれたけど、

この世で最もすばらしいのは、人々の悲しみなんだよ。

みじめさにまさる神秘はないんだ」

?????

 

tsumaki2

 

王子様の手伝いをしたつばめが

寒さで死んだとき、

王子様の鉛の心臓が割れるのです

そして、

神が天使の一人に言った

「この町で、一番尊いものを二つ持ってきなさい」

すると天使は 割れた心臓とつばめの死骸 を持ってきた

「おまえはいいものを選んだ」、、、、、、

 

訳者の曽野綾子さんは、あとがきでこんなことを綴っています

「どの作家にも、この一作を書き終えたら死んでもいい、

と思う作品があるはずである。

私がオスカーワイルドなら 【幸福の王子】 はその作品だ。」

 

 

「幸福の王子」

オスカーワイルド作 曽野綾子訳 バジリコ株式会社 1000円

読んだ後、からだが温かくなります

つかの間の休みにぴったりです

こぶしが咲き始めました

ああ、春ですね

それでは、また

 

tsumaki3