東京メディカル・スポーツ専門学校

BLOG

ブログ

導入教育Ⅳ & 国内研修

2014.12.03

  • 鍼灸師科

みなさんこんにちは。鍼灸師科の嶋田です。

最近寒くなってきましたがみなさん体調は大丈夫ですか?

今日は遅くなりましたが11月に行われた鍼灸師科の1年生の導入教育Ⅳと2年生の国内研修をアップさせていただきます。

今回は1年生と2年生合同で講師をお招きして講演会を行いました。

今回の講師はなんと…

今年のブラジルワールドカップの開幕戦で主審を務められた西村雄一さんにお越しいただき講演をしていただきました!!!

講演の内容は西村さんのこれまでの活動内容とコンディションに対する鍼灸治療に重要性についてお話しでした。

西村さんが鍼灸治療???と意外に思われる方も多いかも知れませんがレフリーも試合ではピッチを10キロ以上走ります。
そうなると疲労も蓄積されコンディションを整えるは大変なんです。
そこで西村さんは定期的に鍼灸治療を受けコンディションを整えてレフリーの仕事をなされています。
実はその治療を行っているのが当校の副校長、妻木先生なんです。

また目標に向かってチャレンジする大切さ、それに向かってどう取り組んでいくかという「学生が今、大切にしなければいけない心構え」についてもお話していただきました。

お話の途中では今回のワールドカップから導入されたバニシングスプレーを学生が使わせていただく場面も。

最後には学生と集合写真も撮ってくださいました。

今回の講演では普段聞けない内容から体験まで本当に貴重な時間を過ごすことができました。

今回の講演を活かし学生もより学校生活をがんばってくれると思います。

西村雄一さん貴重な講演をありがとうございました。

TMSの新型コロナウイルス感染症予防の取り組み

新型コロナウィルス感染症の対応については下記よりご確認をお願いします。

この他、在校生の方に関するご案内は「teams」を随時ご確認ください。