東京メディカル・スポーツ専門学校

BLOG

ブログ

海外研修 その3

2012.12.03

  • 理学療法士科

引き続き、午後の部へ突入です。

 

と、行きたかったのですが、担当の先生が緊急で病院対応になり予定の講義は明日へ延期。

今日は残りのプログラムを行いました。

 

まずは犬のリハビリテーション

講師は引き続きトニー先生です。

 

 

日本でも動物のリハビリテーションは行われていますが、まだまだマイナーだと思います。

アメリカでは理学療法士の免許を取得後に専門コースを受講することで、認定を受けられるそうです。

理学療法士の仕事として認められてるんですね。

 

説明の際にはトニー先生の愛犬ラッキー君がボランティアで協力してくれました。

人間と同じように検査してプログラムを決定するようで。

 関節の運動範囲がどれぐらいあるのか?

 筋肉の付き方に左右差はないのか?

 どんな歩き方をしているのか?・・・etc

犬とは言葉が通じないからこそ、やってほしい動きを引き出すの色んな工夫をしていました。

非常に参考になります。

 

 

続いてトランスファー

両手両足が動かない四肢麻痺の方を、一人で車椅子からベッドへ移動します。

トニー先生の実演です。

 

 

 しっかりとつかんで。

 

よっと持ち上げて

 

バスケットボールのピボットシフトの要領で横へ向いて、はい終了。

 トニー先生がやると簡単そうですね。

 

 学生さんがやると・・・

つかんで

 

持ち上がった??

大変そうですね~。決して体型の違いではなく、テクニックの差ですよ。

 

これ以外にもいくつかの方法を教わりました。

盛り上がり過ぎて時間が足りなかったぐらいです。

 

 

授業後には、明日予定していたアウトレットモールへ行きました。

学生さんは実技授業の盛り上がりを上回るテンションで、お土産など買いに走ったようです。

 

 

2日目の最後はトニー先生のご自宅で歓迎パーティーをしていただきました。

 

先生自ら夕食を取り分けてくれてます。

 

午前の実習を手伝ってくれた学生さんたちと一緒に談笑中

片言の英語でもなんとかコミュニケーションできています。

ちなみに彼らは来週からテストだそうです。 

大変な時期に協力していただきありがとうございました。

 

指がLAになっている人がいるのが見えるかな??

 

 最後はみんなで記念撮影。

 

ローマリンダ大学の皆さん、あと2日よろしくお願いします。

 

では、また明日。

TMSの新型コロナウイルス感染症予防の取り組み

新型コロナウィルス感染症の対応については下記よりご確認をお願いします。

この他、在校生の方に関するご案内は「teams」を随時ご確認ください。