東京メディカル・スポーツ専門学校

menu
close

ABOUTTMSについて

アスレティックトレーナー専攻Athletic Trainer Course

医療系国家資格とAT資格でスポーツ選手を支えるスポーツトレーナーを目指す

アスレティックトレーナー専攻Athletic Trainer Course

アスレティックトレーナーとは?

アスレティックトレーナー( AT)の役割は、 スポーツ選手の健康管理、 ケガの予防や応急処置、テーピング、 コンディショニング管理など多岐にわたります。 医学知識からトレーナーとしての専門知識・技術が求められ、 スポーツ選手と一緒に戦うパートナー的存在です。

スポーツ現場で求められる2つの資格

現在のスポーツ現場では、医療行為を行える国家資格とアスレティックトレーナーの資格を持ち合わせたプロトレーナーが求められています

プロトレーナーが求められるそのワケとは?

医療資格があればスポーツ現場で医療行為が行える

  • 柔道整復師Bonesetter
  • 鍼灸師Acupuncturists
  • 理学療法士Physiotherapist

医療国家資格

医療国家資格を取得することで、選手の身体に触れて医療行為を行うことができます。

ドクターとのコミュニケーション

選手の治療についてドクターと相談する時にも医療の知識は不可欠です。

ATの資格で選手の力を最大限に引き出せる

  • アスレティックトレーナーAthletic Trainer

選手からの信頼

アスレティックトレーナーの資格は、選手の健康管理・コンディショニング・リハビリのプロである証明です。ナショナルチームに帯同するには必須となりつつあります。

スポーツ選手から信頼されるスポーツトレーナーに!

スポーツトレーナーのほとんどが“医療系国家資格”と“アスレティックトレーナー”資格保持者

Jリーグトレーナー J1・J2医療系国家資格保持者の総数

180人中(常勤・非常勤含む2010年10月時点)

サッカーアスレティックトレーナー会(STAM)元会長
元柏レイソルアスレティックトレーナー

和田氏 談

※日本体育協会公認

超難関資格でも、グループ校での合格実績がダントツ!

滋慶学園グループ出身のアスレティックトレーナー合格者

507

アスレティックトレーナー資格は、超難関資格としても知られ、有資格者は全国でもわずか3000名ほど。それだけに、資格取得者は高く評価され、ナショナルチームやトップアスリートのトレーナーとして活躍することも夢ではありません。TMSには合格のためのノウハウと充実したカリキュラムがあります。

TMSなら「医療系国家資格」と「AT」の同時取得が可能!

TMSの
アスレティックトレーナー専攻

医学的スキルがスポーツ現場で武器に!

最短3年間で学費も安く資格を取得できる!

共通分野を同時に効率良く学べ、 学びが深まる!

アスレティックトレーナー専攻は、 柔道整復師科午前コース・鍼灸師科午前コース・理学療法士科Ⅱ部(夜間部)の入学者が対象です。柔道整復師、 鍼灸師、 理学療法士の国家資格取得と並行し、 在学中にアスレティックトレーナーの資格を取得することによって、 より一層、 スポーツトレーナーへの可能性が広がります。

自分にあった学び方が選択できる

無駄のない充実したカリキュラムで在学中に合格を目指す

効率の良いカリキュラムで、 それぞれの医療資格取得を実現すると同時に、 アスレティックトレーナーの資格取得を目指すことができます。柔道整復師科午後コース・鍼灸師科午後コースでアスレティックトレーナーの資格を取得されたい方は、 姉妹校の東京スポーツ・レクリエーション専門学校アスレティックトレーナー養成科でWスクールが可能です。

柔道整復師鍼灸師アスレティックトレーナーの場合
1限 9:10〜10:40

柔道整復師科/鍼灸師科午前コースの授業

2限 10:50〜12:20
3限 13:10〜14:40 トレーニング理論 スポーツ心理 指導者の役割 スポーツと栄養 学外実習
(インターン)
※予定
4限 14:50〜16:20 スポーツ科学 健康管理 予防とコンディショニング スポーツトレーナーの役割

※柔道整復師科午前コース/鍼灸師午前コース対象

理学療法士アスレティックトレーナーの場合
3限 13:10〜14:40 トレーニング理論 スポーツ心理 指導者の役割 スポーツと栄養 学外実習
(インターン)
※予定
4限 14:50〜16:20 スポーツ科学 健康管理 予防とコンディショニング スポーツトレーナーの役割
5限 16:30〜18:00

自由時間

6限 18:10〜19:40

理学療法士科Ⅱ部(夜間部)の授業

7限 19:50〜21:20

※理学療法士科Ⅱ部(夜間部)対象

受講料減額制度で学費の一部が免除に!アスレティックトレーナー専攻を受講した場合の学費(卒業年まで)

  • 柔道整復師科午前コース

    アスレティックトレーナー専攻

    6,601,305

    5,301,305

  • 鍼灸師科午前コース

    アスレティックトレーナー専攻

    6,514,700

    5,214,700

  • 理学療法士科Ⅱ部(夜間部)

    アスレティックトレーナー専攻

    7,515,500

    6,215,500

受講料が最大合計130万円免除!

アスレティックトレーナー専攻の特徴

世界で活躍する講師陣による授業

  • サッカーワールドカップ4大会連続帯同
    妻木 充法先生Mitsunori Tsumaki
    • 医学博士・はり師・きゅう師
    • 日本体育協会公認
    • アスレティックトレーナーマスター
  • ワールドカップに帯同する理学療法士
    中島 圭吾先生Keigo Nakajima
    • 理学療法士
    • 日本体育協会公認
    • アスレティックトレーナー
  • 元FC東京トレーナー
    富永 賢介先生Kensuke Tominaga
    • 理学療法士
    • 日本体育協会公認
    • アスレティックトレーナー
  • オリンピック競泳代表トレーナー
    桑井 太陽先生Taiyo Kuwai
    • 鍼灸師
    • 理学療法士
    • 日本体育協会公認
    • アスレティックトレーナー
講師についての詳細はこちら

プロスポーツ現場での実習で実践力が身につく

学内の授業のほかに、学外の現場実習を行っています。現場でしか学べない、臨機応変な対応(判断力、適切な処置)など、様々な経験を通して、スポーツ現場で即戦力として活躍できるアスレティックトレーナーの実力を身につけます。

実習先実績

  • 東京ヤクルトスワローズ
  • ベガルタ仙台
  • 鹿島レディース・サッカークラブ
  • 湘南ベルマーレ
  • コニカミノルタ陸上部
  • 松本山雅FC
  • 明治大学野球部
  • 専修大学野球部
  • M’sATプロジェクト
  • すとれっち塾
  • 東京メディカル・スポーツ専門学校附属治療院

アスレティックトレーナー資格取得で夢をかなえた卒業生

手塚 賢二さん

医療資格とATを取得すれば、プロのトレーナーにぐっと近づきます。

鍼灸師/アスレティックトレーナー

手塚 賢二さんKenji Teduka

近代五種日本代表トレーナーNTC(ナショナルトレーニングセンター)近代五種強化拠点施設勤務

日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)と鍼灸師の資格を取得し、近代五種の医科学委員として、選手の強化やメディカルサポートを担当。ナショナルトレーニングセンターでオリンピック選手のサポートをしています。オリンピック代表やサッカー日本代表などのトレーナーには、AT取得が義務、もしくは努力義務となってきていますが、実際にはATだけではなく、理学療法士、鍼灸師や柔道整復師といった医療資格とATを併せて持っているトレーナーがほとんど。ATは合格者が少ない難関資格ではありますが、本気でプロのトレーナーを目指すなら、医療国家資格+ATの取得にぜひ挑戦してください。

活躍する卒業生をもっとみる