東京メディカル・スポーツ専門学校

menu
close

COURSE学科紹介

選手のケガの予防と
競技復帰を支える
選手のケガの予防と
競技復帰を支える

理学療法士科Physiotherapist Departmentt

Ⅰ部 (昼間部)

Ⅱ部 (夜間部)

理学療法士 ×スポーツ

スポーツ選手のリハビリと予防に強い理学療法士

理学療法士は、痛みやケガの根本原因を分析する「動作分析」「傷害の評価」のプロフェッショナル。スポーツ現場での需要が高く、多くのプロチームでトレーナーとして活躍しています。スポーツ選手の動きや姿勢、身体のゆがみなどを分析し、問題となる箇所を改善することで、競技のパフォーマンスを向上させることが出来ます。また、効果的な運動メニューを考案し、リハビリを実施します。さ らに、ケガ原因となる動作を改善することにより、ケガを未然に予防することができます。

スポーツ現場で求められる理学療法士の力

理学療法の力でスポーツ選手を総合的にサポート

動作分析と傷害評価で、ケガや不調となる原因を分析!
スポーツ医学の知識と合わせて、より効果的に行う予防リハビリ

スポーツ選手を支える理学療法士のフィジカルサポートサイクル

傷害の予防

身体の動作を改善して、ケガの発生や体調 を崩しにくい状態に!

専門的な「動作分析」を行い、身体動作の改善をしていくことで、スポーツ選手がケガや体調を崩さないようサポートします。

パフォーマンス向上

改善された動作により、パフォーマンスがさらに向上!

一人ひとりの状態に合わせた的確な動作改善を行うことで、傷害予防のほか、パフォーマンスも向上させることができます。

リハビリ

身体機能を回復させる効果的なリハビリテーション

医師の診断に基づいて、効果的な運動メニューを計画・実行。また、スポーツ選手の心の支えとして、精神面でのサポートも行います。

スポーツ業界における理学療法士の活躍の場

理学療法士はさまざまな場所で、アスリートをはじめスポーツに携わる人をサポートしています!

理学療法士の活躍の場は、病院やクリニックなどの医療現場、介護老人保健福祉施設などの医療福祉分野だけでなく、Jリーグなどのスポーツ分野など多岐に渡ります。
また、病院・クリニックといっても幅広く、スポーツ選手が治療・リハビリのために多く訪れる病院や、プロチームに帯同するチームドクターが開業しているクリニックなど、その特色は様々です。トレーナー派遣に力を入れている病院や整形外科もあり、いずれはプロスポーツに携わりたいという方は、そのような病院に勤め、理学療法士としての力をつけていくことがお勧めです。
理学療法士は、障がい者スポーツや傷害予防の分野でも求められており、今後活躍の場はどんどん広がっていくことが予想されます。

主な活躍の場

さまざまな場で活躍する卒業生トレーナーたち

  • プロスポーツチーム

  • プロバスケットボール
    チーム

  • スポーツ傷害系病院
    ・整形外科

  • 車椅子バスケチーム

  • 少年野球サポート

卒業生についてもっと詳しく

スポーツに強い理学療法士になるには

スポーツに強い理学療法士をめざすなら、TMSがベスト!

理学療法士になるには、高校を卒業して、文部科学省または厚生労働省が指定した養成施設で3年以上学び、必要な知識・技能を修得することが必要です。修了した後、国家試験に合格すると免許が与えられ、理学法士として働くことができますが、障害を抱えた患者さんに寄り添い、二人三脚で リハビリを行う理学療法士には、確かな専門知識に加え豊かな人間性が求められます。TMSでは、専門知識や技術はもちろん、理学療法士としての人間性を育むカリキュラムや、スポーツ業界で活躍するための専門教育を行っております。

スポーツに強い理学療法士になるまでの流れ

スポーツ業界で活躍できる力と国家試験合格を実現する
理学療法士科について詳しく知ろう!

この他の学科も見てみよう!

理学療法士だけでなく、
作業療法士にも興味がある方は

作業療法士科

東京福祉専門学校(グループ校サイトへ)