東京メディカル・スポーツ専門学校

menu
close

CAREER資格・就職

スポーツトレーナーになるには?

スポーツトレーナーとは?スポーツトレーナーになるには何が必要?
スポーツトレーナーを目指したい方へ、そんな疑問にお答えします!

スポーツトレーナーとは?

スポーツ業界のプロ選手、そして子どもから高齢者の健康づくりまで、幅広い分野で活躍する“身体とトレーニング”の専門家!

画像

スポーツトレーナーとは、スポーツ選手が常にベストコンディションで活躍できるように、健康管理からトレーニング、ケガに対する応急処置やリハビリテーションまで、選手の身体づくりと能力向上をトータルサポートする専門家です。国家試験など必ず必要な資格はありませんが、身体機能、ケガの手当、トレーニングまで幅広い領域の専門知識が必要とされるため、養成施設などで必要な知識・技術を学び、アスレティックトレーナーや医療系の資格を取得してプロを目指すというルートが一般的です。また、現在では柔道整復師や鍼灸師、理学療法士などの医療系国家資格を持つトレーナーも多く活躍しています。

スポーツトレーナーになるには?

幅広い専門知識と技術が必要な職業。
大学や専門学校などの養成施設で基礎や実技を学んで就職を目指します。

身体づくり、トレーニングのエキスパートであるスポーツトレーナーには、身体の機能や働き、運動学やスポーツ医学をはじめ、幅広い領域の専門知識と技術が求められるため、大学や専門学校などの養成施設で必要な知識と技術を習得し、何らかの資格をもってプロを目指す道のりが一般的です。

スポーツトレーナーまでの道のり

どんなことを学ぶの?

スポーツトレーナーは「選手生命を預かる仕事」ともいわれ、常に的確な判断を行っていく必要があります。そのため、身体の構造や機能、運動生理学、スポーツ医学などの専門知識やトレーニングに関する知識、テーピングやアイシングといった応急措置に関する知識や技術が必要となります。

また、スポーツ現場での予期せぬケガなどに迅速に対応することができる的確な状況判断と技術が必要です。それには、実現場での経験を積むことが大切です。
現在では、大学や専門学校などに通いながら、インターンシップや学生トレーナーとして現場経験を積む人が増えています。

例えば、TMSのこんな実習授業

  • テーピング

    足・肘・膝・手指など、テーピング全般を幅広く学ぶ。
  • ファーストエイド

    アイシング・止血・包帯法や創傷処置など、応急処置の基本を学ぶ。
  • ストレッチ

    最も基本的なストレッチであるスタティックストレッチから、パートナーが抵抗をかけながら行う徒手テイコウストレッチなど実践的に学ぶ
  • 検査・測定と評価

    選手の身体の状態を正確に把握するための方法と技術を学びます。ケガの予防、応急処置、現場復帰までのすべての基礎となる重要な科目です。
  • スポーツ外傷・障害の基礎知識

    主なスポーツ外傷・障害の種類や特徴、整形外科的メディカル・チェックを学ぶ。
  • スポーツ障害の対処法

    足関節捻挫、肩関節障害など様々な障害について柔道整復師・鍼灸師・理学療法士の資格別アプローチ法を学科を超えて学ぶ。

どこで学ぶ?

将来、現場で活躍できるスポーツトレーナーを目指すなら、大学や専門学校などの養成施設に進学することがオススメです。ですが、「ゆっくりと幅広い進路が選べる大学」か「現場に近い環境で専門技術や実践力を身につけられる専門学校」か、自分に合った学校選びはとても重要になります。

  • 大学のメリットは?

    • スポーツに関する知識を深めることができる
    • 教員免許が取得できる※体育系教諭
    • 比較的余裕のあるキャンパスライフ
  • 専門学校のメリットは?

    • 最短3年でプロのトレーナーになれる!
    • 在学中に現場経験を積める!
    • 実習が豊富だから就職後も即戦力になれる!
    • 学費が比較的安い!
    • 業界との繋がりが強く、就職も安心!

東京メディカル・スポーツ専門学校(TMS)なら、希望の就職率100%!
多くのTMS卒業生がスポーツトレーナーとして活躍しています!

スポーツトレーナーについてやTMSについてもっと知りたい方は、
オープンキャンパスで詳しく聞いちゃおう!