東京メディカル・スポーツ専門学校

menu
close

TMSブログTMSブログ

共鳴

2018年07月17日

TOPICS

こんにちは

妻木です

全日本鍼灸学会でホスピスケアの

徳永進先生の公開講座がありました

が、聞き逃してしまいました。

そこで、本を読んだのです。

「野の花あったか話」 徳永進 著 岩波

 

1

 

山折哲雄さんとの講演のお話がありました

山折さんが入院した病院の

院長が回診の時に言ったことばです

→   「痛みをとめる」、

「その人の誇りをほめる」、

「なすすべのない時、さする」

の 「とめる・ほめる・さする・」

三つが医者の仕事と、院長が低い声で言った

病室を出て行くその院長の背中がとてもあったかく見えた、、、

 

その時、共鳴したのです

十数年前 サライという雑誌のインタビュー

加藤高 医師(当時90歳)の話を、、、、、

→      無医村で60年の往診。

「無力でねぇ。自分は、」

「見舞い業」だと思うとります、、、、

 

2

 

到達した仕事の姿、、、、、、、、

 

それでは、また

 

3