東京メディカル・スポーツ専門学校

menu
close

TMSブログTMSブログ

庭の千草

2018年03月09日

TOPICS

こんにちは
最近、定例のコンサートに行ってきました。
そこで、こんなモノがありました。

2

刺繍です。
実際は、細かい手仕事です。
筆入れ、ポシェット、ティッシュ入れなど
家内が気に入って数点買いました。
実は、こんなストーリーがあったのです

これは、ラオスの山岳地帯に住む山の民、
モン族の刺繍です。
モン族は、山を自由に歩き回り、
自然とともに暮らしてきた人々です。
しかし、インドシナ戦争の影響を受けて、
多くの人々が難民となり、
隣の国タイの難民キャンプで長い間暮らしていました。
彼らは、畑を作ることも、何をすることも許されない
不自由な難民暮らしの中でも、
自分たちの民族に伝えられてきた、
得意とする刺繍を続けていました。
今、ラオスに帰還し、
故国での再出発をはじめた人々がいます。
山を開いて畑を作り、
ぎりぎりの自給自足の生活です。
その畑仕事の合間に、
小さい女の子からおばあさんまで、
女たちが一針一針、一生懸命作った刺繍です。
刺繍がノートになり、薬代の助けになっています。
そんなことを、心の片隅にとめて、
お使いくだされば幸いです。
汚れたら普通に手洗いしてください。
色落ちはしません。
連絡先 安井清子 http://pajhnub.ocnk.net/page/12/

というわけで、フェアトレードの品でした。
先ほどの筆入れです

0

ああ、
ラオスに比べてなんと幸せな国に生まれたことでしょう、、、
コンサートですか?
「庭の千草 第12回目の冬」

4

アカペラで独唱 
毎年変化します
見習わなければ
思いを新たにしました
それでは、また

5