東京メディカル・スポーツ専門学校

menu
close

ABOUTTMSについて

トレーナー基礎技術Basic Trainer

スポーツ現場に直結する知識や技術を習得する!3段階のステップで、大学や社会人のアマチュアチームのトレーナーからトッププロのトレーナーまで、幅広く活躍できる人材を育成します。

トレーナー基礎技術Basic Trainer

トレーナー基礎技術とは

トレーナー基礎技術は3学科合同の選択授業「エクステンション講座」のひとつです。世界のスポーツ界で活躍するプロ講師から直接、現場の技術とマインドを学び、トレーナーとしての基礎を身につけます。

「柔道整復師」「鍼灸師」「理学療法士」それぞれの国家資格取得を目指す他、トレーナー基礎技術に参加し、アスリートをサポートするトレーナーの技術を磨くことができます。

トレーナー基礎技術を受講している学生は、スポーツ現場で実際にトレーナー活動を行う「トレーナークラブ」に参加することができます。
学校の学びを現場で実践し、現場で見つけた課題を学校で解決するというサイクルで、トレーナーとしてのスキルを向上させます。

※トレーナー基礎技術・トレーナークラブともに、別途授業料は必要ありません。

学校で学び現場で実践 学校で学び現場で実践

プロの現場で活躍できるスポーツトレーナーになる!

授業内容

授業の中心となるのは、スポーツの世界で欠かすことのできない「テーピング」や「ストレッチ」。基本でありながら奥が深い知識・技術をじっくり学び、トレーナーとしての基礎を固めます。

point1BASIC

選手をサポートするための基礎を学びます!

選手をサポートするために必要な基本的な技術。マインドを学びます。主に、応急処置、テーピング、ストレッチングの知識技術を身につけます。

  • テーピング・ファーストエイド

    テーピング

    足・肘・膝・手指など、テーピング全般を幅広く学びます。

  • ファーストエイド

    ファーストエイド

    アイシング・止血・包帯法や創傷処置など、応急処置の基本を学びます。

  • ストレッチング

    ストレッチ

    最も基本的なストレッチであるスタティックストレッチから、パートナーが抵抗をかけながら行う徒手テイコウストレッチなど実践的に学びます。

Point2STANDARD

より高度で専門的な知識・技術を習得します!

より高度で専門的な知識・技術を習得します。スポーツ傷害の知識を深め、検査・測定やスポーツ外傷について学びます。

  • 検査・測定と評価

    検査・測定と評価

    選手の身体の状態を正確に把握するための方法と技術を学びます。ケガの予防、応急処置、現場復帰までのすべての基礎となる重要な科目です。

  • スポーツ外傷・障害の基礎知識

    スポーツ外傷・障害の基礎知識

    主なスポーツ外傷・障害の種類や特徴、整形外科的メディカル・チェックを学びます。

Point3ADVANCE

トレーナー基礎技術の最終ステージ!実践的対処法を学ぶ。

STEP2の内容を踏まえ、スポーツ傷害のより実践的な対処法を学びます。TMS名誉学校長の妻木先生の特別授業も実施します。

  • スポーツ障害の対処法

    スポーツ障害の対処法

    足関節捻挫、肩関節障害など様々な障害について柔道整復師・鍼灸師・理学療法士の資格別アプローチ法を学科を超えて学びます。

  • 特別ゼミ

    プロトレーナー 特別ゼミ

    プロトレーナー特別ゼミでは、エナジーパフォーマンス、チーム帯同の心得、バイ・デジタルO-リングテストなど、世界で活躍するトレーナーの技術を直接学ぶことができます。